サポーターズについてSUPPORTERS

深田貴美子サポーターズへのお誘い

誰ひとり取り残さずに

ユニセフ山本 和

「誰ひとり取り残さずに」という標語は「持続可能な開発目標(SDGs)」ばかりでなく、「世界人権宣言」や「子どもの権利条約」などに共通する大切な目標ですが、それを実際に実現することは容易なことではありません。
 深田貴美子さんは、その目標に向かって武蔵野市を変えて行こうと具体的な取組みを進めています。目標を持って毎日の取組みをして行くことこそ、価値があり私たちの社会を良くして行くことに繋がると思います。

女性の地位協会 矢澤澄子

深田さんは、市議に初当選して12年、つねに地域の人たちとのつながりを大切にしながら市政の課題に立ち向かい、協働の力をテコに住みよい武蔵野を目指し、ともに汗を流し議論をし、公約を一つひとつ実現してきました。この間に培ってきた専門的知識とノウハウ、その行動力は、女性、子ども、高齢者、障害者など多様な市民の問題解決に実を結びました。今後はその力をいっそう磨き、身近な政策の実現に努力を惜しまない(こと)と期待しています。

飯田太郎(マンション管理士・TALO都市企画代表)

武蔵野市の元気を創る 深田貴美子さん

中央線に乗ると各駅の周辺が美しく整備され、新しい賑いが生まれていることが分かります。もしかしたら、住みいまちナンバーワンといわれてきた武蔵野市が置いて行かれるのでは…、そんな想いが心をよぎります。これから高齢化や人口減少が本格的に進みます。現状に満足せず、まちが抱える色々な弱点や心配事にしっかりと目を向け、正面から対策に取り組む深田貴美子さんのような政治家が増えることが、武蔵野市を元気にすると思います。

料理研究家 堀江ひろ子

前回の市議会議員選挙。皆様のあたたかい応援のおかげで当選させていただいて、あっという間に4年間が過ぎました。この間 深田は住みやすい武蔵野市を作ろうと皆様の声に耳を傾け、武蔵野中を走りまわり、働かせていただきました。いくつかは実現させていただきましたが、まだまだやり残したことがいくつもあります。
ぜひ今一度 皆様のお力をおかりして市議会の場に立たせて下さい。私 堀江ひろ子も、微力ではありますが、力いっぱい応援させていただきます。よろしくおねがいします。

皆さまに、伏してのお願い!

いつもご声援・ご支援をありがとうございます。 皆さまの心温まる応援が、私の勇気と元気と馬力の原動力です。
「武蔵野の未来」をみなさまと御一緒に創っていきたい。
そんな手作り・手弁当で活動を続けています。
ご協力いただけます皆さま、ご連絡を心よりお待ちしています。

  • ◎看板・ポスター設置
     皆さまの軒先を、ちょっとお貸りできれば……
  • ◎通信配布
     20部でも30部でも、本当に助けになります!
  • ◎寄付のお願い
     郵便振替口座:00180‐0‐578586「深田貴美子といっぽいっぽの会」

所在地:[事務局]〒180-0004
             武蔵野市吉祥寺本町1-21-2-706グローリオ吉祥寺本町
電話:0422-22-0292

サポーター紹介

リーダー

原利子

サポーターズ(五十音順、敬称略)

飯田太郎(株式会社TALO都市企画・代表取締役)、
大戸美也子(元・武蔵野大学副学長、名誉教授)、岡田安弘(法政大学理事)、
渋谷寛(弁護士・〈動物愛護〉ペット法学会事務局次長)、瀬戸恒雄(元・東映プロデューサー)、
曽我部國久(島根大学名誉教授・出雲科学館名誉館長)、中田浩二(劇団櫂代表)、
堀江ひろ子(料理研究家)、三橋博巳(元公益社団法人日本不動産学会会長)、
矢澤澄子(元・東京女子大学教授、国際女性の地位協会理事)

サポーターズの声

飯田太郎(株式会社TALO都市企画・代表取締役)

(準備中)