大規模な街区の民間開発の際には、入居者の日常生活を総合的に展望して、事業者連携すべき。桜堤街区では、結果として公立学校児童増施設対応が後追い。高齢者への買い物支援など住む身になったまちづくりの視点が必要。